記事内に広告が含まれています。

ナンバーアイのBONの評判はダサい?作詞作曲・歌詞・振り付けも!

【ナンバーアイ】BONの評判はダサい?作詞作曲・歌詞・振り付けも! Number_i

今年2024年1月に衝撃のデビューをしたナンバーアイが初ミニアルバムのリリースが発表されました!

その名も『No.O -ring-(ナンバリング)』です。

『No.O -ring-』の中から先日Mステで披露されたのが『BON』でした。

『BON』がパフォーマンスされるとトレンド上位をナンバーアイ関連で埋め尽くされましたよね。

そこでこの記事ではナンバーアイのBONの評判や曲について調査しました。

この記事でわかること!
  • 【ナンバーアイ】BONの評判はダサい?
  • 【ナンバーアイ】BONの作詞作曲は?
  • 【ナンバーアイ】BONの歌詞は?
  • 【ナンバーアイ】BONの振り付けは?
  • 【ナンバーアイ】BONをCDTVでフルサイズ披露!
  • 【ナンバーアイ】BONについてSNSの声は?

BONは新たな挑戦を象徴する作品です。

ナンバーアイには格差があるのではないかという声もありますが、そんな声も吹き飛ばしてもらいたいですね!

ナンバーアイの新しい一面であるBONを存分に楽しむために、ぜひこの記事を参考にして下さい。

速報!ナンバーアイのBONの振り付けが明らかになりました!

【ナンバーアイ】BONの評判はダサい?

桜の間から見える富士山

ナンバーアイの最新曲BONがMステで初披露されました。

BONは平野紫耀くんのプロデュース曲です。

ナンバーアイは曲によってメンバーがプロデュースするシステムです。

岸優太くんや神宮寺勇太くんのプロデュース曲もあるってことですよね。

ナンバーアイは、楽曲の制作背景を知るのも楽しいです。

メンバーそれぞれの音楽的なアプローチや個性を感じることで、ナンバーアイ全体の魅力をより一層楽しむことができますね。

では今回の平野紫耀くんプロデュースであるBONについて詳しく見ていきましょう!

【ナンバーアイ】BONは「盆栽」をイメージ?

ナンバーアイのBONは盆栽をイメージしています。

盆栽の成長とナンバーアイとファンとの関係を重ね合わせていて、新しい表現をしていますね。

日本の伝統や美意識を感じさせる曲調は、ナンバーアイの音楽的な幅広さと独自性を際立たせています。

和楽器の音色や日本の風情を感じさせるメロディが取り入れられており、ナンバーアイの音楽に新しい風を吹き込んでいますよね。

ヒップホップでありながら日本の音楽を感じさせる曲調は、日本を大切にしているナンバーアイならではです。

Mステでの初パフォーマンスでは、あまりにも新しい音楽に戸惑った方も多かったようです。

次で真相を調べていきたいと思います。

【ナンバーアイ】BONはダサいと言われている理由は?

ナンバーアイのBONのパフォーマンスで「ダサい」という声が上がっていました。

理由としては下記のような声がありました。

BONの評判
  • 衣装が庭師みたい
  • 曲調がGOATと同じ
  • 歌詞に違和感

しかしナンバーアイが見据えるのは海外です。

日本を知って、日本から発信することを大切にしています。

BONにはメンバーの意志や攻めを感じませんか?

知らない日本の文化を改めて知る機会になり、また曲の中毒性はGOATのように頭の中でリピが止まりませんよね。

【ナンバーアイ】BONはMステで披露!

ナンバーアイのBONはMステで完全初披露されました。

MステではJO1やDa-iCEなど他のアーティストとのトークもあり、メンバーが楽しそうでしたね。

平野紫耀くんと木全翔也くんが同じダンススクールというところがすごいです!

またナンバーアイが歌い終わった後、JO1のメンバーが真似をしていたり、驚きの顔でいたりしました。

ダンスをしている人たちにも衝撃のパフォーマンスだったようですよ。

次の見出しではナンバーアイのBONの制作陣について調査していきたいと思います。

【ナンバーアイ】BONの作詞作曲は?

リズムコンポーザー

ナンバーアイのBONは平野紫耀くんのプロデュースです。

盆栽をイメージし、盆踊りを彷彿させる振付など和が散りばめられた楽曲ですよね。

アーティストとしての高い志も楽曲の中に表現されています。

盆栽が時間をかけて成長するように、ナンバーアイもファンと共に成長し続けています。

BONを通じて、メンバーの音楽に対する真摯な姿勢とファンへの感謝の気持ちが伝わってきますよね。

プロデュースした平野紫耀くんは楽曲だけでなく、振付にも携わっているようです。

では、BONの制作陣について見てきましょう!

【ナンバーアイ】BON:いつ発売?

BONは5月27日発売の『No.O -ring-』に収録されています。

No.O -ring-
No. O -ring-ミニアルバム
リリース日2024年5月27日
販売形態初回限定盤
通常盤
収録曲BON
OK Complex
SQUARE_ONE
No-Yes
i
Banana(Take It Lazy)
夢の続き

『No.O -ring-』はナンバーアイ初のミニアルバムということで、発売前から話題になっています。

BONは1曲目でいわばリード曲となっていますよね。

ナンバーアイが出演し、話題になっているビアボールのCMに使われているNo-Yesも収録されていますよ。

では、次でBONの気になる作詞は誰がしているのか調査していきます。

【ナンバーアイ】BON:作詞は誰?

ナンバーアイのBONを作詞したのはPecoriさんです。

Pecori
生まれ年1994年
職業音楽家
ミュージシャン
グループODD Foot Works
担当ラッパー

ODD Foot Worksでラップを担当しているPecoriさんは、ナンバーアイの『GOAT』の作詞、『FUJI』の作詞をしています。

BONがMステで披露された際は、曲のクレジットスクショするお茶目な一面も!

ラッパーのPecoriさんもナンバーアイのラップの上達速度は感心されているようです。

音子
音子

本物のラッパーに認められるってすごい!

【ナンバーアイ】BON:作曲は誰?

ナンバーアイのBONを作曲したのは MONJOEさんです。

MONJOE
生年月日1993年5月14日
職業音楽プロデューサー
グループDATS
担当ボーカル
シンセサイザー

MONJOEさんは『GOAT』『Midnight City』作曲をしています。

Pecoriさん同様、BONがMステで披露された際は、曲のクレジットをスクショしていました。

『GOAT』では楽しいレコーディングだったと語っています。

PecoriさんとMONJOEさんはナンバーアイの音楽性を位置づけた人たちですね。

次の見出しではBONの歌詞について見ていきましょう!

【ナンバーアイ】BONの歌詞は?

盆栽

ナンバーアイのBONの歌詞は、盆栽に焦点を当て、グループのこと、ファンへの思い世界への挑戦を歌っています。

歌詞の中にナンバーアイに関連したワードも散りばめられていています。

  • GOAT
  • 3人の天才
  • TOBE
  • Number_i

強い意志を感じさせる歌詞の一節があります。

この曲だってお前が価値を決めるんだ

BONの楽曲についても周りに流されず自分自身で評価することを歌っています。

音子
音子

すべて見透かされてる感じ

聞けば聞くほど歌詞が深くて、リピートしてしまいますね。

次の見出しではBONの振付について調査していきます!

【ナンバーアイ】BONの振り付けは?

赤と水色の派手な柄の壁に掛けられたラジカセ

速報!ナンバーアイのBONの振り付けが明らかになりました!

BONの振付はKAZtheFIREさんです!

KAZtheFIRE
生年月日1998年4月2日
出身東京都
所属グループRIEHATATOKYO
Dr.SWAG

HATABOY

ナンバーアイのメンバーのSNSで一緒にダンスをしていた動画が上がったこともあるKAZtheFIREさん。

11歳からダンスを始めたKAZtheFIREさんは、13歳からRIHEATAさんのレッスンを受けています。

みなさんの予想は当たりましたでしょうか?

ちなみにMステで『GOAT』をパフォーマンスした際は、曲のクレジットに振付師がありました。

しかし、今回のBONには作詞・作曲のみのクレジットで振付師はありませんでした。

下記は、過去に発表があったナンバーアイの振付師です。

過去の振付師
  • GOAT:RIEHATA
  • Blow Your Cover:NOPPO (s**t kingz)

平野紫耀さんは振り付けについて、振付師と相談しながら作ったと語っています。

またGOAT同様サビは真似しやすく、簡単な振り付けとなっていますよね。

SNSではRIEHATAさんではないかという声が多数上がっていましたが、RIEHATAさんの弟子でもあるKAZtheFIREさんだったんですね。

【ナンバーアイ】BONのMVが公開!

待ちに待った【ナンバーアイ】BONのMVが公開されました!

なんとYouTubeでは、日本語以外にも・・・

  • 英語
  • タイ語
  • フィリピン語
  • インドネシア語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • フランス語
  • ポルトガル語
  • 中国語
  • 韓国語

の翻訳字幕対応だそうです!

まさに世界を意識していますよね!

そして【ナンバーアイ】BONは、デビュー曲『GOAT』を上回るペースで再生数が増え続けています!

平日にもかかわらずこのペースはすごいですね。

ファンの力を感じます。

下の見出しでも紹介しますが、ナンバーアイは、2024年5月27日のCDTVに出演しますので、それまでに再生数の記録を出そうと頑張っている方も多いようです。

では次の見出しで【ナンバーアイ】BONのCDTVパフォーマンスについて紹介していきます♪

【ナンバーアイ】BONをCDTVでフルサイズ披露!

白い壁にかかっているテレビと赤い椅子がとテーブルが置いてある部屋

5月27日放送のCDTVでナンバーアイはBONをフルサイズで披露しました!

期待通りの素敵なパフォーマンスでしたね!

「BON」も大きな話題となりました。

CDTV5月27日の放送には、ナンバーアイ以外にも豪華な出演者が登場しました。

5月27日CDTV出演者
  • Aimer
  • IMP.
  • SUPER BEAVER
  • 乃紫
  • HIPPY
  • Mrs. GREEN APPLE
  • M!LK
  • ヤングスキニー
  • Little Glee Monster

ナンバーアイと同じTOBEのIMP.も『NINNIN JACK』をフルサイズ披露ですよ。

CDTVは生放送でなかなかできないフルサイズでのパフォーマンスをしてくれるので、いい番組ですよね。

なかなか他の音楽番組では見られない、フルバージョンの楽曲を楽しめるのは大きな魅力です。

【ナンバーアイ】BONをwith MUSICでも披露!

ナンバーアイが日本テレビ「with MUSIC」でもパフォーマンスを披露です!

パフォーマンス予定なのは「GOAT」「BON」

2024年6月1日放送回は共演者に「SixTONES」や「timelesz」の名前もあることから、放送前から話題になっています。

グループ同士での絡みがあるのか、期待しているファンも多いようですがどうでしょうか?

次の見出しでは、ナンバーアイのBONについて世間のみなさんはどう思っているのか見ていきましょう!

【ナンバーアイ】BONについてSNSの声は?

白いキューブにいる青い鳥

賛否両論を巻き起こしているナンバーアイのBON。

BONについてSNSではどのような声が上がっているのか、見ていきましょう!

正座から始まる斬新さ。

和でまとまっているけど、ゴリゴリのヒップホップかっこよかったですよね。

曲の中毒性もあり、何度もリピしてしまいます。

時代の先を行っているナンバーアイだから、理解できない人もいるのはわかります。

ただ、この声を上げる時点でナンバーアイの思惑にハマっているような気がしませんか?

だから“この曲だってお前が価値を決めるんだ”という歌詞がその象徴な感じがしますね。

まとめ:【ナンバーアイ】BONの評判はダサい?作詞作曲・歌詞・振り付けも!

この記事ではナンバーアイのBONの評判や曲について調査しました。

  • 【ナンバーアイ】BONの評判は賛否両論!
  • 【ナンバーアイ】BONの作詞はPecori、作曲はMONJOE!
  • 【ナンバーアイ】BONの歌詞はナンバーアイとファンを表現している!
  • 【ナンバーアイ】BONの振り付けはKAZtheFIRE
  • 【ナンバーアイ】BONをCDTVでフルサイズ披露!

ナンバーアイが日本を大切にする姿勢が、BONの楽曲に強く反映されていますよね。

日本の伝統文化を取り入れつつ、現代的な音楽スタイルと融合させることで、国内外に衝撃を与えると思います。

多様な意見こそが、ナンバーアイのチャレンジ精神と創造性を浮き彫りにしていますね。

日本の伝統を大切にしながらも、常に新しい挑戦を続ける姿勢に、今後も注目していきましょう!

error: Content is protected !!