記事内に広告が含まれています。

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果!勝ち残ったのは誰?

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果!勝ち残ったのは誰? 【Dark Idol】ダークアイドル

初回放送からいきなり下剋上で始まったダークアイドル、みなさんご覧になりましたか?

参加者はもちろん、応援するファンにとっても「オーディション」という厳しい世界を見せつけられています。

負ければ即脱落、涙と笑顔が交錯する女同士のバチバチの戦い、結果が気になりますよね。

今回は、そんなダークアイドルのタイマンバトルについて詳しく調査してみました!

この記事でわかること
  • ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果は?
  • ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルで勝ち残ったのは誰?
  • ダークアイドル【Dark Idol】投票や今後はどうなる?
  • ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果についてSNSの声は?

このダークアイドルのタイマンバトルで、一体誰が泣いて笑ったのでしょうか。

次の見出しから一緒に見ていきましょう!

ダークアイドル♯4からは無料期間が限定されています!

見逃してしまった方は下のリンクから!

※14日間無料おためし!

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果は?

暗闇の中、色とりどりのペンライトを多数の人が手に持って上げている

ダークアイドルのタイマンバトルは、厳しい勝負の世界で生きてきたプロデューサー朝倉未来さんならではの発想ですよね。

いきなり半数に絞られるというなんとも過酷な戦いです・・・

このタイマンバトルについて簡単にまとめました。

  • 参加者たちは、審査員とオーディエンスからの第一印象のみで順位をつけられる
  • 上位と下位の「下剋上」争いという形で、歌唱・ダンス・フリーアピールの3つを披露
  • 4人の審査員とオーディエンスのジャッジで勝負が決定

4人の審査員はこちらです。

朝倉未来格闘家(ダークアイドル発起人)
松隈ケンタ音楽プロデューサー・作曲家
周平ダンサー・振付師
横山由依元AKB48総監督

オーディエンスにはアイドルファン150人が参加したようです。

新しいアイドルが誕生する瞬間を見られるかもしれないと思うと、アイドルファンにとってはたまらない空間ですよね!

2週にわたって全参加者のタイマンバトルの様子が放送されたので、その結果についてお伝えしていきます。

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトル:1話・2話結果

ダークアイドルタイマンバトル前半戦、#1と#2については別の記事で詳しくお伝えしていますので、そちらもチェックしてくださいね!

どの参加者もこのオーディションに願いをかけて、一生懸命頑張っていましたよね。

涙あり、笑いありのバトルでしたが、#1と#2での勝者はこちらの参加者になります!

  • 青山舞莉
  • 橋本萌花
  • 間宮かよ
  • 緒方心菜
  • 前垣さら
  • 小椋梨杏
  • 一条カオリ

次は、翌週に放送されたダークアイドルのタイマンバトル#3についてご紹介します。

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトル:3話

ダークアイドル#3のタイマンバトルの対戦結果はこちらです。

勝者は青字にしています。

4位 栗原きほ37位 西島りお
10位 石川侑依31位 橋本真林
5位 夏芽すず36位 上田絢生
19位 長與玲花22位 谷屋杏香

第3話も様々な経歴や過去を持つ参加者だらけでしたね。

音楽プロデューサーと枕営業をしていたという衝撃の告白をした参加者もいました・・・

元アイドルも多く、元Nizi Pro出身の参加者もいましたよ!

勝負の結果も、ストレート勝ちの圧勝から僅差のバトルまであり、負けた参加者はみんなとても悔しそうでした。

負けた参加者の中にも歌唱力がすばらしかったり、盛り上げ上手なメンバー、緊張しすぎて力を出し切れなかった参加者など様々でしたよ。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

敗者復活戦などもあるかもしれないので、諦めずに頑張ってほしいですね!

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトル:4話

ダークアイドル#4のタイマンバトルの対戦結果はこちらです。

勝者は青字にしています。

7位 小熊あれい34位 柳那奈
9位 星野ティナ32位 小山えりか
2位 深山奈優39位 田口恵実花
6位 樋渡友美果35位 染谷莉亜奈
14位 福島琉愛(不戦勝)体調不良で辞退
15位 朝比奈紗杏26位 岡田えりか
16位 綾瀬絵梨香25位 村上悠莉亜
17位 奈良怜那24位 川上おぼろ
20位 早坂この実21位 木下真佑

ダークアイドル第4話では、

  • 元アイドルでキャバ嬢
  • 怪我でダンサーを諦めた
  • AKBに深く関わりのある

参加者などがいました。

対戦相手がパフォーマンスしているときに、オーディエンスを盛り上げていた参加者もいましたよ。

グループ活動をしていくなら、自分だけがよければいいという考えはだめですよね。

他のメンバーのことも盛り上げるその姿を評価されていた参加者もいました。

第4話ではカットされているバトルが多く、何人かの勝者はダイジェストとなっていました。

この未公開の部分は、後日番組ホームページやSNSで公開予定のようですので、お見逃しなく!

また、ABEMAで配信中のダークアイドル♯4の無料視聴は期間限定で短くなっているので、ご注意ください。

タイマンバトルの詳細が気になる方はお早めに!

もし「見逃してしまってどうしても観たい!」場合は、ABEMAプライム会員をお勧めします!

初回はお試し期間もありますので、下のリンクから是非♪

※14日間無料おためし!

次の見出しでは、このタイマンバトルで勝ち残った参加者について紹介します。

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルで勝ち残ったのは誰?

赤い照明に映える3人のシルエット

いきなり参加者の半数が脱落してしまったダークアイドルのタイマンバトル。

参加者たちの声も様々でした。

  • 負けてしまった参加者たちは、涙を流して「悔しい」、「情けない」と話していたメンバーがほとんど
  • 自信があったがあまり、「(負けたことが)信じられない」と涙すら出ない参加者も
  • 勝ち残った参加者たちも、「自信はあった」、「運もある」、「とりあえずよかった」と安堵していた
  • 勝ったにも関わらず、自分の実力を出し切れずに「悔しい」と泣いてしまった参加者もいた

このオーディションにすべてを懸けて挑んだ参加者もいれば、準備が足りないと言われた参加者もいました。

勝ち残るには対戦相手との相性や運もあったかとは思いますが、やはり「強い思い」や「自分を魅せる力」が大事なのかなと感じました。

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルで勝ち残った参加者

ダークアイドルのタイマンバトルで最終的に勝ち残った参加者をまとめました。

  • 青山舞莉
  • 橋本萌花
  • 間宮かよ
  • 緒方心菜
  • 前垣さら
  • 小椋梨杏
  • 一条カオリ
  • 栗原きほ
  • 石川侑依
  • 夏芽すず
  • 谷屋杏香
  • 小熊あれい
  • 星野ティナ
  • 深山奈優
  • 樋渡友美果
  • 福島琉愛
  • 朝比奈紗杏
  • 村上悠莉亜
  • 奈良怜那
  • 木下真佑

半数の20名ですね。

どの参加者も個性的で魅力たっぷりなのですが、特に注目されている参加者はいるのでしょうか?

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルで注目の参加者は?

朝倉未来さんが直接会って話を聞いていた”石川侑依”さんの注目度は高いのではないでしょうか。

石川侑依さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前石川侑依
年齢23歳
生年月日2001年5月21日
身長159cm
出身地福岡県
特技動物と仲良くなる
趣味お笑い芸人のYouTubeを見ること

「やる気しかない」と言うくらい気合の入っている石川侑依さんですが、ここに至るまでいろいろなことがあったようです。

  • 慶応大学卒で上場企業に内定先も決まっていたが、【Dark Idol】に参加するために内定を辞退
  • 父親がテレビ局のプロデューサーで、アナウンサーになってほしいと言われていた
  • 教育熱心な両親から期待されて箱入り娘のように育ってきたが、高校受験で地域1番の進学校への受験に失敗
  • そのとき両親から「恥ずかしい」と言われ、大学受験は頑張った

今まで親が敷いたレールの上を歩んで、親の期待に応えてきたのだと思います。

ダークアイドルの応募を見て、夢だったアイドルを目指す覚悟ができたのではないでしょうか。

ダークアイドルに応募することは、親にも話していないそうです。

タイマンバトルでも初心者とは思えないパフォーマンスを見せてくれました!

審査員からも「心が強い」、「アイドルになっていろんなことがあっても乗り越えていけそう」と高評価でした。

朝倉未来さんも「気持ちの強さが見えたので僕が想像するDark Idolとマッチするなと思いました」と話していましたよ。

2ndステージでの活躍も楽しみですね!

次の見出しでは、ダークアイドルの投票や今後について調査してみました。

ダークアイドル【Dark Idol】投票や今後はどうなる?

廃墟の前で後ろ向きに立っている白いドレスを着た女性

1stステージのタイマンバトルが終わり、参加者が39名から半数の20名に絞られました。

次の2ndステージは、”グループパフォーマンスバトル”と発表がありました。

他のアイドルオーディション番組でも、この「グループ」としてのパフォーマンスは必ずありますよね。

ソロではなく、アイドルグループを作るオーディションなので、当たり前ではあるのですが・・・

個人ではどんなに実力があっても、グループでのパフォーマンスがうまくいかなければ、そのグループが全員脱落となってしまいます。

いかに「グループ」として息の合ったパフォーマンスができるかどうか、にかかってきますね。

このバトルの詳細はこの後詳しくご紹介しますので、最後までチェックしてください!

ダークアイドル【Dark Idol】投票受付中!

ダークアイドルでは現在、公式ホームページからあなたの”推し”への投票を行っています。

1日1回投票でき、最大5人の参加者に1回で投票できますよ!

同じ1人の”推し”だけに毎日入れるのか、複数の”推し”に毎日もしくは日替わりで入れるのか、どう投票するかはあなたの自由です♪

視聴者が誰でも投票できますが、この投票が何にどう影響するのかはまだよくわかっていません。

この投票結果次第で、敗者復活戦もあるのか期待の声が多く上がっていますね。

”投票結果での敗者復活”に関してはまだ不明ですが、”敗者復活”に関して、実は次の2ndステージで発表されます。

詳しくみていきましょう。

ダークアイドル【Dark Idol】今後はどうなる?

1stステージで勝ち残った20名は、次の2ndステージで「グループパフォーマンスバトル」を行います。

グループパフォーマンスバトルの内容
  • 第一印象のみで決められた最初のランキング順に組んだ5名1組の即席グループで課題曲をパフォーマンス
  • 得点の高かった上位3グループが次のステージへ
  • 課題曲はNiziUの”Take a picture”、制限時間は2時間

20名が勝ち残ったので、4グループできることになりますね。

ところがここで「敗者復活」という言葉が、朝倉未来さんから出ました。

審査員たちが話し合っているところが映し出され、その後、朝倉未来さんが脱落した参加者たちのいる楽屋で発表していました。

その内容とは、「今から名前を呼ぶ5名が敗者復活し、その5名で1つのチームを組んでもらう」ということでした。

おそらく、これで2ndステージで戦うのが5グループとなり、その中から上位3グループが勝ち上がり、2グループが脱落するということになりそうです。

この敗者復活メンバーは次の放送で明かされるのだと思いますが、審査員同士で話し合っていたので、投票とは関係なさそうでした。

そのストーリーの可能性もなくはないですよね!

いずれにせよ敗者復活メンバーはチャンスがもう一度与えられたので、”絶対に負けられない戦い”になるのではないでしょうか。

朝倉未来さんも話していましたが、グループとなると「協調性」が大事になってきますね!

制限時間も2時間という短い時間の中で、初心者も経験者も関係なくパフォーマンスを仕上げないといけません。

”焦り”と”負けられない”気持ちで熱が入るがあまりに「協調性」が乱れないといいのですが・・・

次の見出しでは、ダークアイドルのタイマンバトルについてSNSでの声を調査してみました!

ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果についてSNSの声は?

白いキューブにいる青い鳥

様々な反響があったダークアイドルのタイマンバトルですが、SNSではどのような声があるのでしょうか?

そうなんですよね・・・

これも参加者の1人が言っていましたが、まさに「運」が強く関係してくるところだったのではないでしょうか。

元アイドルの参加者がとても多いですよね!

やはりみなさん夢を諦めきれなかったのだと思います。

その分、気合の入り方や「最後のチャンス」という覚悟が違いますよね。

実力が評価されながらも、対戦相手によっては脱落してしまった参加者もいて、もったいないと感じる声も・・・

2ndステージでの敗者復活メンバーが気になりますね。

ストレート勝ちの参加者もいましたが、確かにオーディエンスジャッジ頼みだったところもありましたね。

だからこそ、アイドルファンのジャッジの必要性はかなり高かったのではないでしょうか。

【まとめ】ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果!勝ち残ったのは誰?

ここまでダークアイドルのタイマンバトルの結果、勝ち残ったメンバーなどについてお伝えしてきました。

  • ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果は、個性豊かな20名が勝ち残った
  • ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルで勝ち残ったのは、夢を諦めずに強い気持ちで自分を最大限に「魅せる」ことができたメンバー
  • ダークアイドル【Dark Idol】投票は敗者復活に関係があるかもしれず、今後は2ndステージでのグループパフォーマンスバトルが行われる
  • ダークアイドル【Dark Idol】タイマンバトルの結果についてSNSでは、「実力があるのにもったいない」、「審査員のジャッジが半分に割れすぎ」などの声が上がっている

次の2ndステージでは敗者復活もあり、どのような展開になっていくのか楽しみですね!

「協調性」を大事に、その中でもいかに「自分」をアピールできるかがカギとなりそうです。

公式ホームページからの投票にもぜひ参加してみてくださいね♪

ダークアイドル♯4からは無料期間に制限あり!

見逃してしまった方は下記のリンクからABEMAプレミアムを試してみては?

※14日間無料おためし!

error: Content is protected !!